ページ

ART/DESIGNE (75) EVENT (126) FASHION (16) LIFE (148) thought (7) WORKS (65)

2013年12月26日木曜日

Tatsuya Hirayama&GALAPHIX Art Exhibition 「いかれた楽園」

1月20(月)から1月26日(日)
絵画、グラフィック作品のエキシビジョンを半蔵門のANAGRAというギャラリーで行います✡



Tatsuya Hirayamama&GALAPHIX Art Exhibition「いかれた楽園」

2014/1/20(MON)-1/26(SUN)
OPEN 12:00-22:00

主にアナログ手法を用いる平山達也 “tAt”と主にデジタル手法を用いる遠山瑞紀 “GALAPHIX”の二人による合同展”いかれた楽園”。
全く異質な表現方法を用いる二人だが、その感性にはどこか共通するものがあった。
狂おしい程の甘美さ、溢れ出すエネルギー、形と色彩の織りなすダンス。
いかれた楽園に是非お越しください。

-Plofile-

▼平山達也 Tatsuya Hirayama
芸術嫌いの芸術好き、フリーアーティスト。画家/イラストレーター
としての活動を主とする。
アメリカ/インディアナで幼児期を過ごし、
それから岐阜へ移住する。17歳から絵を描き始め、
東京の芸術学校へ通うが、ニューヨーク/ブルックリン、ハーレムにも住むなど各地を転々とする。
2007年から本格的に作品制作を開始し、ロックフェス(RSRetc..)や音楽イベントなどでのライヴペイント、
ポスターデザインや個展、合同展も精力的に行う孤高のサイケデリスト。
“精神の自由をどこまでも追求する、精緻なる輝きの世界”と評価され、
サイケデリックの可能性を向こう側へ突き抜けさせる。
URL: http://nametat.wix.com/tatsuya-hirayama

▼GALAPHIX
フリーデザイナー遠山瑞紀によるヴィジュアル・グラフィックプロジ
ェクト。
CGアートをメインに、グラフィックデザイン、空間装飾、造形、自身の手がけるファッションブランド"AVA"のヴィジュアル面など多岐に渡り展開している。オルタナティブカルチャー、パーティーカルチャーとの親交が深く、音楽イベントへの出展、デコレーション、個展、合同展等を重ねている。CGアートでは、光の表現や鮮烈さに重きを置き、ヴィジュアルの彼岸を追求している。
[GALAPHIX] http://galaphix.wix.com/galaphix
[AVA] http://avajp.blogspot.jp/

▼ANAGRA/アナグラ
102-0093
東京都千代田区平河町1-8-9 地下一階
B1 1-8-9 hirakawa-cho chiyoda-ku TOKYO
http://www.anagra-tokyo.com/
info@anagra-tokyo.com
Tel: 03-6826-8128
半蔵門駅一番出口(注意)を出て右へ、オリジン弁当の十字路を右折
右手にローソンがある十字路を左折
坂を下っていくと神社があり、その神社の前のOniwaを通り地下一階へ


最終日26日18:00より終電までクロージングパーティーを行います。(詳細は追って告知します)
作家2人で面白い展示空間を発現させますので、是非観に来てください✡

2013年12月20日金曜日

マジカルミステリー温泉ツアー宿泊編~ピラミッドパワー×クリスタルパワーで覚醒せよ~レポート




今年2月に初めて訪れた那須塩原のピラミッド温泉。
前回日帰りの為あまり時間が無く全貌が掴みきれなかった為、今回は1泊2日の宿泊編で挑んできました。
まぁ…とてもディープでしたが、さくっとレポートしちゃいます。

(前回レポから読みたい方はコチラ→ http://mzk1blog.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html )


相変わらず温泉施設とは思えない凄い入口です。


前回の帰りの際、館長が「今度はもっとエジプトっぽいのが増えるから」的な事を言ってたのですが、さして変わったところは見受けられ…

あ、壁画が増えてる。エジプトっぽい壁画が出来てる。
確かにエジプト感が少し増していました。


温泉に入る前に館長の秘蔵コレクションが安置されている部屋を特別に見せていただきました。
ドアには「地球遺産」の文字が。

入った瞬間空気が違って凄かったです。
奇木が沢山ありました。
踊っている。
沢山の水晶と、上の首は一体…。
奇木、奇石、天然石、地球のアートコレクションですね。


部屋にあるものやピラミッド温泉を作った理由などを説明する館長を動画で撮る宮入氏。
自動的にインタビュー状態に。

「物質文明で汚れた人間の心を、本来の素直な状態に戻す為にこの施設を作った」といったような事を館長は仰っていました。
詳しい事は割愛します。

それでは素直な状態になる為にと早速大浴場へ。

注意書きが。


ん?


…………………。

前回はこんな張り紙は無かった…。


ええ、

そうです。

まさかとは思いましたが…。

ミストサウナの中でこちらをジロジロ見ながら何やら手を動かしているおじさん、
見ると自分のイチモツを握りながら擦っているではありませんか。

その瞬間世界観がガラっと変わり、瞬時に外へ。
ん?もしやここにいる男らは…
 
あ……そうだったのか…。

実にスリリングな体験でした。

各々ショックを受けて疑心暗鬼になりながら、夕食に。
正直微妙で、今思えば逆に面白かったです。「マグロ、凍ってるね…。」とか。

水晶岩盤浴を体験するはずだったのですが、「今やってない」ということで、見学だけさせてもらいました。岩盤が全て水晶になっていました。
やってみたかったです。これが今回の目玉の1つだったのに…。

見学の後、一番の目玉である瞑想室(パワースペース)へ。
今回も館長が瞑想室の説明、瞑想のやりかたを説明して下さいました。

天井には星がたくさんついていて、スイッチを入れると光っていました。

巨大な黄金根には千体もの仏像が彫られています。
やはり凄まじい存在感とエネルギー…
ここはホントに凄いんです。

せっかくなので手持ちの石にエネルギーチャージを試みました。

1時間ほど瞑想し、めちゃくちゃ気持ちよくて体が浮き上がっているかのようでした。
瞑想記念写真。



部屋に戻って浴衣に着替えるとジェダイのように。

その後部屋でゆっくり宴会。
不思議トークを繰り広げる予定が、会話の内容の大部分がゲイ関連トークに。
まぁ無理もないです。

今回男4人で、私以外のメンバーが初対面だったので、そのうちの1人が、
「寝る前に皆さんがノンケだと確認できて良かったです。」
と言っていたのが面白かったです。
(このツアー、まさかそういう会だったのか?)と思ってもおかしくないシチュエーションが出来上がっていましたからねぇ。

翌日は、水晶岩盤浴がやってなかったために代わりに予約した宝石風呂へ。
浴槽が紅水晶とアマゾナイトで埋め尽くされた贅沢な作りでした。
なのにすごいチープ感(笑)
ちょっとぬるかったけど気持ち良かったです。
あまり集中できませんでしたが、石のパワーを感じた気がしました。
これにてプログラムは終了。
風呂上がりにロビーに居た気功の先生に場の流れで少し気功をやってもらいました。

ピラミッド温泉館外には猫がいっぱいいました。

帰る前に記念撮影。

館長も一緒に。


今回もミステリーの尽きないツッコミ所満載の非日常的な時間を過ごせました。

数々の謎の中で、何が本当で何が偽りなのか、真偽を見極める目が必要とされる高レベルな修行のようでした。


いや~すごかった。

さて次回開催は…どうなんでしょう(笑)


2013年11月21日木曜日

軽井沢chill

秋の軽井沢に日帰りトレッキング&温泉チルしに行ってきました。










 







山に登るのが日が傾いてきてからになってしまい、頂上は極寒でした…。
しかし荘厳な美しい風景が拝めてよかったです。
紅葉を楽しみに行ったつもりだったのですが、ここはもうほとんど葉が落ちていて、というか火山礫に覆われた山だったので色付くような木はあまり生えないようで、落ち着いたアッシュトーンの色彩を楽しみ、秋というよりか厳しい冬のフィーリングを堪能しましたw

その後私のお気に入りの温泉の一つ、星野温泉トンボの湯で冷えた体を温めリフレッシュ。
ここの星野エリアは全体的にデザインがとても洗練されていて気持ちがよく、お勧めです。
もうクリスマスイルミネーションが始まっていました。
湯あがりに食事をして帰路に。

軽井沢には春~夏にかけてしか行った事がなかったので、寒い時期は初めてでした。
日帰りであまり多くは回れなかったので、またゆっくり訪れたいなと思います。