ページ

ART/DESIGNE (75) EVENT (126) FASHION (16) LIFE (149) MUSIC (1) thought (7) WORKS (65)

2011年11月20日日曜日

2011-11-19 平和な惑星→ORANGE SUNSHINE

朝から天気は悪く、寒くて雨が降っていましたが、お出かけに意気込んでいました。
青梅まで友人の展覧会を見に行く為に。


途中、ちょうどH&MのVERSACEコラボコレクションが発売の日だったので、
開店後すぐに売り切れてしまうのだろうと思っていましたが、その様子はどんなものだろうと気になって新宿店に立ち寄ってみたところ、予想していたよりも商品が残っていて、ワニ柄のジーンズのグラフィックがやばかったので、ついつい買ってしまったのでした。



私は海外ファストファッションの日本侵攻の威力がすごすぎるので、こうした価格破壊的な流れは好きではないのですが、ヴェルサーチのケバケバしいまでの鮮烈なヴィジュアル感は好きなので、致し方なかったのです。
しかし店内で最も奇抜だったのはおそらく私だったのでしょう。
もっととんでもない輩が集っているのかと思っていたので若干拍子抜けでした。


その後、友人tAt&Shunの展覧会「平和な惑星」の会場である明星大学へ。

新鮮で楽しいサイケデリックなヴィジュアル感や、見事な技法、センスが素晴らしかったです。
点数も豊富で会場も広く、良い展示でした。


作品の一部

tAt



 tAt&AVA


ジミヘンみたいだ…w


SHUN OKUNUKI


にぎやかでたのしくてかわいい。


?やばい

今後もますます楽しみな作家達です。



展示会場を後にして、新しく福生に引っ越したというセレクトショップ「Orange Sunshine」へ
新しくなった店内も実にステキな空間になっていました。



セレクトしてある洋服なども、滅多に見かけないレアなアイテムが多くて驚きました。
店主のDen-Chan。中学生の時には書写指導者だったという凄まじいお方。


 Den-Chan&AVA


店内にソファーのまったりスペースもあり、あまりに居心地がいいのでついつい時間を忘れて長居してしまいました。
途中登場したご婦人もすごそうな人で、刺激的でした。
ご婦人に配達してもらったカツ丼が美味しかったです。
Den-Chan、まっくん、ありがとうございました。
時間をかけてもまた遊びに行きたいスポットが増えました。

色々と濃厚で面白い一日でした☆

2011年11月18日金曜日

Crazy nerves jacket

今まで自分の作った服の作品などは、あまりこのような場では発表していませんでした。 

発表するのなら展示会やショー等で、と思っていて、 
質というかなんというか価値を落としたくないと思っていたのです。 
(あとは盗作を懸念して) 

しかしスポンサーサイドとの決裂によってブランド立ち上げは一度失敗し、展示会もまだ出来ていないので、 
大きくドカンとやれるようになるまでは一回リセットしてコツコツ手作りや出来る範囲で作っていこうかと思って、作品もいろんなところで人の目に触れる機会を増やすのもいいかなと考え方を変えた次第であります。 

過去の作品なども、もしかしたらそのうちアップするかもしれません。 
フェイスブックの方とかにも。 

4年以上は費やした計画がパーになったので、これからどうするかといった事を考え直すのには時間がかかりました。今もですが。 

とりあえずはこれまで作ろうと思っていて実現していなかったものなどを、地道に自力で作っていこうと思います。 

グラフィックプリントもののアイテムはかなり前から作る予定でしたが、実際作れていなかったので、 
煮え切れずとりあえず自分で作ってみました。 

理想は光沢のあるシルクへの反応染料でのプリントなのですが、コストがかかり過ぎるので今回は断念しました。 

しかし後ろ姿がとんでもない感じになって、なかなか満足です。 

帽子も作ってみました。が試作品はクオリティがイマイチなので改良する予定です。  

↑もはや人間なのかが怪しいですね。 


今までなんとなく、無意識のうちに自力では難しいと思っていたようなことが実はたくさんあって、 
無意識のうちに自分をセーブしていることもあると気付きました。 

そして、そのような意識は一般的に、(特に郊外では)年齢を重ねる度に増していくような気がします。そうしたことはとても勿体ない事です。 
新しい挑戦よりも、慣れ親しんだものの中に安らいでいくのです。 

そうした力に捕らわれてしまうことのないように理想を追い、さらなる新しい理想と新しい自分を獲得しようと思います。 

2011年11月6日日曜日

FASHION'S NIGHT OUT 2011










やはり予想通りウェルカムドリンクだけで6杯くらい飲み,酔っぱらったのでした。 

色が奇抜な装いで歩いていたらまるでオブジェを撮るように許可なく写真を撮られまくっていて、 
自分は一体何者に見えているのだろうと思いました。 
ルイヴィトンの中で撮影されたのは浮き過ぎで恥ずかしかった…。 

途中から久々の友人と合流し、これから本格的に練り歩こうって時に雨が降ってきて、 
あまり多くを見ることはできなかったものの、非日常的な光景が沢山あって面白かったです。 

しかし余計な虚栄心というか、当然のように「コチラ関係者以外立ち入り禁止なんでぇ~」みたいに締め出すのはムカつきました。パンピーお断り みたいな。 

また、昨年よりも気合いの入ったエキシビジョン的なものもあまり多く見受けられなかったので、勿体ない感じはしました。まぁ見てないだけかもしれないので来年はゆっくり見て回りたいです。 

新しい感性はというと、ラフォーレのGR8で取り扱いのあるKatie Eary の秋冬物 http://www.katieeary.co.uk/collection/aw11/ がやばいなって感じでした。 

H>FRACTALで取り扱ってる4JIGENもいいビジュアル感でした。 

やはり自分は衝撃的な存在感のある、アートなファッションを推進したいのであります。 
歩くアートで町中が溢れていたらきっと面白いでしょう。 

原宿 表参道にはきれいにまとまりすぎず、炸裂し続けて欲しいです。