ページ

ART/DESIGNE (74) EVENT (126) FASHION (16) LIFE (142) thought (7) WORKS (65)

2013年2月12日火曜日

マジカルミステリー温泉ツアー@ピラミッド温泉 レポート

2月9日(土)仏滅、「マジカルミステリー温泉ツアー~ピラミッドパワーで覚醒せよ~」と題した怪しい日帰り温泉旅行にをノリで企画し行ってきました。


パワー感、胡散臭さ、B級感、レトロ感をふんだんに取り入れたフライヤーも作りました。

[ツアー序文]
新宿からバスで行くミステリーツアーの行先は那須塩原のディープスポット「ピラミッド温泉」
その名の通りピラミッド状の館内にはピラミッドパワーが降り注いでおり、
温泉との相乗効果によって圧倒的なパワーで自然治癒力を引き出し
「人」が本来あるべき姿に「こころ」と「からだ」を整える作用があると言うのだ。
なんとも怪し気なミステリースポットを発見してしまった私は
この実態を探るため調査員を募ることにした。
探求者達よ、集え✡


そうして集った勇気ある7名の調査員と共に行ってきましたよ、ピラミッド温泉。
外観。
やはりスフィンクス+ピラミッド…異質な存在感を放っていましたね。これが温泉施設とは。
わくわく感が高まります。

スフィンクスの裏にはメッセージが。

入口の看板。確かに安い。

これは…カエル…?何故…?

古代エジプトな置物。

古代エジプトな壁画。

孔雀がいました。

外の撮影を済ませていよいよ中に。
館内の案内図。黄金大マンダラが気になる。

中へ。

食堂、お休み処「オアシス」

売店スペースには様々なピラミッドグッズ、天然石グッズがズラリ。



パワーカード¥800。効果があるのだろうか…

何故招き猫が…


ツタンカーメン王と王を守るアヌビス。触れてはいけないらしい。 

温泉へ続くミラーロード。珍奇な置物などが多数展示されていました。

見事な輝きの黄金の孔雀。高そう…


豚バラ肉て…(笑)


いよいよ温泉へ。…と進んでいくと、何やらドリルの音が響き渡っていて、
何かを修理していたようでした。

置いてあったゲーム機の内容もレトロなミステリー感が満載。


脱衣所、温泉内では他のお客さんもいたため撮影は差し控えましたが、突っ込み所は沢山ありました。
ちょっと不安になる雰囲気の謎のミストサウナ(足元は湯が張ってある足湯式)や、大浴場にはピラミッドパワーを通すセラミック製の氣柱が通っており、やたらとぬるい露天風呂(ぬるめは理由があるらしい)や、ただのシャワーと思いきやの針打湯…など温泉内にも不思議が点在しました。
泉質はとてもやわらかく、ぬるぬるしたアルカリ性の単純温泉でした。

ピラミッドパワーが働いたのか…とても温まり癒されました。

湯から上がった後に効果的な入浴法の手引きがあったことを発見。
【⑥、入浴時は「とてもいい湯だ!、とてもいい湯だ!」と意識して下さい。】って(笑)
やはりそれが重要なんですね。


湯あがりにはビールで一杯やりました。(散らかっていてすみません)
ビールは自販機で300円(スーパードライ)

その後食事処オアシスへ。
コチラは温泉餃子定食。温泉の水で練り上げた餃子らしく、皮がモチモチで美味しかったです。

こちらはピラミッドカレー。

食事を終えると、おそらく一番の見所であるパワースペース(瞑想室)へ。
館長に利用したいと申し出ると、「あ、ホント。じゃあ指導してあげるから。」と。
(団体利用だと1人630円の利用料金/1時間)
皆揃って館長の案内の元パワースペースへ。

看板は…もう少しどうにかならなかったのだろうか…。

あれ?パワーカード、売り場では¥800だったけど…

「地殻エネルギーと宇宙エネルギーの合体施設」として雑誌に掲載されている。

「健全なる思考は瞑想より発す」

階段に飾ってあった謎の絵。髑髏が…


そしていよいよピラミッド状の巨大な瞑想室の中、ドーン!!と現れたは黄金マンダラ。(巨大黄金根)
思っていたよりも大きくて輝きがあって、すごい雰囲気を放っていました。

ピラミッドだけど仏像。
樹齢何百年という巨大なケヤキの根に小さな仏像が千体掘られており、仏像には全て金箔が貼ってあるとの事。



あ、六亡星が…

空間と相まってすさまじい迫力でした。
館長曰く、この施設は宇宙エネルギーを集めるレンズのような働きをしているらしく、
効率的に中心の黄金マンダラにエネルギーを蓄えるべく精巧に計算して作ってあるのだとか。
天井になにやらいっぱいくっついてるし…。
ここで蓄えられたエネルギーが下の温泉の氣柱に直に注がれていて、温泉にも充満しているとの事。
なるほどそれで「地殻エネルギーと宇宙エネルギーの合体施設」と…

中心の巨大な水晶は日本で2番目に大きい水晶らしく、水晶はこの世で1番エネルギーを溜める物質なので、相当な宇宙エネルギーが溜まっているのだとか。
水晶の次にエネルギーを溜めるのが金らしく、ここに集約されたエネルギーが空間内に伝わり、瞑想をすることでより宇宙の氣を感じて自然本来の状態を感じてリラックス出来るということでした。確か。根性ひんまがっている人でも素直になるかもしれないとか…?

「こうやって手を表にして瞑想してると指先がピリピリしてくるから」…と館長がポーズを実践しながら瞑想の解説をし、
「次にこうして寝ころんでリラックスしてると気持ちよくて眠っちゃうから」…と簡潔に指導していただきました。

館長はただならぬ安定感を持った非常に安心な人柄のお爺さんでした。
その安心感と、空間と黄金マンダラのあまりの迫力、説得力に調査隊一同は黙ってそのまま各々瞑想タイムに突入。


館長は音楽をかけて電気を消し、部屋を出ていきました。
(音楽は"ピラミッド オブ ザ サン"というヒーリング系の音楽)


(確かにめちゃめちゃ気持ちいい気がする…これがピラミッドパワーか…)
などと思いながら、空間のエネルギーを感じ、リラクゼーションしました。
何とも説明しがたい謎の気持ちよさだったのですが、この感じは実際に行って体験してみないと分からないでしょうね…。


何故かサイババのポスターが…


…と、ここで帰りのタクシーがやってきて帰ることに。
日帰りで時間があまりなかったので施設の全容を掴むには時間が足りず、次回は宿泊で訪れた方が良さそうだと思いました。

コチラが今回の調査班。帰りに館長に記念撮影をしてもらいました。
真ん中の男が明らかに浮いていますね。班長の私です。

バスで新宿へ戻って、ビールが30円の居酒屋に行ってたらふく飲みました。

次回は宿泊ツアーを企画するかもしれません。
気になってしまった方、行きたかったけど行けなかった方はその時は是非奮ってご参加ください。

きっと更なるミステリーを深く経験できる事でしょう…✡