ページ

ART/DESIGNE (73) EVENT (124) FASHION (16) LIFE (140) thought (7) WORKS (65)

2014年5月3日土曜日

認識の拡大がもたらすもの


私達一人一人がさまざまな認識を拡大させる事は、世界平和に繋がると思っています。

なぜなら認識が至らないが為に起こっている不調和、無理解、対立、苦しみ、狂気が世の中にある問題を作り出しているように思えるからです。
それらの事に十分に気がつくだけで、問題は減っていくと思います。

認識を拡大させるということはどういうことかと言うと、
大きく3つあると思います。

認識を広げること。
認識を深めること。
認識を高めること

認識を広げるとは、どちらかと言えば外部的だと思います。
自分の外にある多種多様な認識を得ることは多様な世界観、事象の捉え方を自分の中にも持ち、理解する事に繋がります。

認識を深めるというのはどちらかと言えば内部的だと思います。
自分自身、また他人の内面への理解や、物事に内在する法則や仕組みを理解する事でよりそれらと上手に付き合うことが出来ます。

認識を高めるというのは、部分的な事象に限定されず、より高度、抽象度の高い視点を持って理解するということです。
様々な捉われから解放され、より自由度の高い視点や自在な意識を持つ事に繋がります。

ではどうやって認識を拡大させていったらいいのかというと、
有効だと思うアプローチは、ずばり「観察」です。
「意識してよく観る」ということだと思います。

また、観想的に生きるといったアプローチが有効だと思います。
心を落ち着かせて対象となる物事の本質を観るということです。

こうしたアプローチをモロに集中的にやっているのが座禅やヨーガなどにある「瞑想」というアプローチですが、
じっとしたまま座らなくともそうしたアプローチは日々の生活の中で普通に出来ます。

そういう意味では私は常に日々の生活の中で瞑想的に生きてますし、何も特別な事ではないのですが、
そのように生きている人というのはどちらかと言えば少数派のような気もしています。

認識が拡大することは、意識の拡大に繋がります。
より多くの事を理解すると、私達はより多くのそれらと一体のものであるということに気が付き、
それはとても楽しい事だと思います。
(付け加えておきますが、認識・意識の拡大というのは頭で理解するということだけではなく、体で体感するということでもあります。)

いまから2500年以上も前に、とても大きな認識・意識の拡大に成功した人物の代表に仏教の開祖の釈迦がいますが、
彼が発見した物事の本質は空であることや、全ては縁によって成り立っていることというのは、
ようやく最近になって量子物理学などの分野で信頼性の高い理論として成り立ち、実証されようとしているところです。
最先端の量子物理学が最近ようやく発見したようなことを2500年以上前に気付いていたなんて凄まじいですよね。
現代に受け継がれる超カリスマになるのも分かります。

まぁそこまで認識を拡大させるのはなかなか難しいとは思いますが、
一人一人の認識が拡大していくことで私たちはもっと気持ちよく生きることが出来るようになると思います。

インターネットを通して様々な情報がシェアされ、多様な世界観に触れやすいようにはなってきましたが、本質的な認識の拡大は起こっているのでしょうか。
もっと簡単に言えば、「重要な気付き」は広まっているでしょうか。
紀元前の大昔から賢者たちは気付いていました。
私たちは進化した現代の文明の中で、重要なことに気付いているのでしょうか。

人の心が病む、荒む、腐る、狂う…
そうしたことはとても悲しい事です。
悲しみが少ない方が私達は幸せだと思います。
大切な気付きがもっと一人一人の心に起こり続けていく事を切に願っています。

認識の拡大は意識の拡大へ、そして私たちの心の平和に繋がっていくと思います。